そもそも、なぜリバウンドしてしまうのか?

なぜリバウンドをしてしまうのでしょうか。
これは身体のメカニズムと大きな関係があります。
まず、ダイエットをしていると、「レプチン」という物質によって影響が出る満腹感に変化が出てしまいます。

レプチンは、ダイット中に食事の量を減らすと分泌量が減ってしまいます。
一度減った分泌量がもとに戻るには1か月程度かかると言われていて、この間にダイエットを中断して食事の量を戻しても分泌量は減ったままですから満腹感を中々得られず食べ過ぎてリバウンドしてしまうのです。

また、ホメオスタシスという入ってくるエネルギーが減った際に、エネルギー消費量を減少させて身体を維持させる機能もリバウンドの原因となります。
このホメオスタシスは、ダイエットの停滞期に働いていて、停滞期にダイエットを諦めてしまうと、エネルギー消費量が以前より減少してしまっている状態で食事の量が戻ってしまうので、リバウンドの原因となってしまうのです。
リバウンドは、これらの身体のメカニズムの影響が大きいのです。

リバウンドしないダイエット法1 食事編

リバウンドしないダイエット方法1「食事編」についてご紹介します。
食事を気を付けることでリバウンドせずにダイエットをするには、次の方法があります。
例えば、食事する回数を増やすという方法があります。
空腹感が続くとついつい食べ過ぎてしまう恐れがあります。

食事する回数を増やして量が同じでは意味がありませんが、1回の量を減らして空腹の時間を減らすことで食べられないストレスを軽減することが出来ます。
また食事は小さい皿に盛りつけることで、色々な種類のものを少しずつ食べ、満腹感を得られる効果もあります。

また食事時間をなるべく同じタイミングにすることも大切です。
同じリズムを作ることで、身体の中のバランスが整えられるので、リバウンドを防止できる効果があります。

炭水化物を抜くと即効性があるのですが、リバウンドしやすいと言われています。
ですから炭水化物を完全に抜くのではなく量を減らし、各種ビタミンやたんぱく質、ミネラルなどバランスの良い食事を献立作りを心がけ、少量で満足感のあるメニューにするようにしましょう。

リバウンドしないダイエット法2 運動編

リバウンドをしないダイエット方法2「運動編」についてご紹介します。
運動を中心としたダイエットを行う際でリバウンドに気を付ける必要があるのは、いわゆる「停滞期」でしょう。

停滞期はその名の通り、今まで順調に減っていた体重がホメオスタシスという機能によって少ないエネルギーでも維持しようとする働きが機能することで起こる現象ですが、この時に運動することをやめないことがまず大事です。
停滞期はエネルギー消費量が減っている状態ですから、ダイエット中の食事量とはいっても、運動をしてようやく消費量があっている状態です。

ですから、ここで運動をやめてしまうとリバウンドしてしまう恐れがあります。
停滞期は1か月程度といわれていますので、この間もしっかり運動を続けることが大切ですし、基礎代謝を増やす、いわゆるウォーキングなどの有酸素運動を行うことで、リバウンドしにくい身体作りをすることが大切です。

これには筋肉系などの無酸素運動も必要になりますから、筋トレも行って筋肉量を増やしてあげる運動をするとよいでしょう。

リバウンドしないダイエット法3 生活習慣編

リバウンドをしないダイエット方法3「生活習慣編」についてご紹介します。
せっかくダイエットを頑張って目標体重になっても、次に心配になるのがリバウンドですよね。
ではなぜリバウンドするのかというと、ダイエットをやめたから、つまり普通に生活することが、太りやすい生活をしていることの現れなのです。
ですから、この太る原因である普通の生活を改善して、太りにくいように生活習慣を変える必要があります。

まず規則正しい生活をする、暴飲暴食はしない、などは基本的なことですが、ダイエットでやりがちな、無理な目標設定をしない、ということも大切です。

たとえば、これから甘いものは食べない!という目標を設定しても、無理に食べないとストレスが溜まってしまうだけで逆効果になります。こういった場合は、甘いものは1日に1つにするとか、2日に1回とか無理のない範囲で定めるようにすればよいのです。

また、なるべくエスカレーターなどは使わずに階段を使うなど、出来るところから生活習慣を変えるようにすることがリバウンドをしないためにも大切なのです。

リバウンドしないためには、筋力を付けるのが一番の近道

リバウンドしやすい人ってどんな人でしょうか?
答えは簡単!サプリを飲むだけ、など楽をした人。あるいは、無理な食事制限をした人です。

少し考えればわかりますが、サプリで痩せた人は、サプリを飲むのを辞めたら元に戻ります。
食事制限で痩せた人は、元の食生活に戻れば、すっかり元通りリバウンドするわけです。
まあ、当たり前といえば当たり前ですよね。

 

結局、リバウンドしないためには、脂肪層を筋肉に変換する必要があります。
つまり、生活習慣や食事に気を配りながらも、運動が必要というわけですね。
早く結果を出したいなら無酸素運動がオススメですが、長く続けられるのはやはり有酸素運動。
いつもより、ちょっと遠回りして買い物に行くとか、車ではなく自転車で駅まで走ってみるとか、工夫次第でいくらでも有酸素運動はできます。
リバウンドしないための裏技を探しに当サイトへ訪れた方は少しがっかりしたかもしれませんが、最終的には正攻法にまさるものは無いのです。

だけど、ちょっと楽をしたい場合は・・

最終的な結論として、結局はリバウンドしないためには運動が必要という結果となりました。
だけど、正直なところちょっと面倒くさいですよね・・。
体を動かすのが好きなら大丈夫ですが、あまり動きたくない方は長続きしません。
実は管理人も大の運動嫌いで、リバウンドしないと分かっていながらなかなか実行に移すことが出来ませんでした。
そこで、あなたに提案したいのが、少しお金をかけてダイエットしてみませんか?ということです。
別に何かの勧誘というわけではありませんよ笑。

最近のダイエット器具はかなり進化していて、正直腕立てや腹筋を地道に頑張るくらいなら、EMS器具を使ったほうがよほど効果的です。

しかも、筋トレで痩せたのと同じ状態になれるので、リバウンドすることがありません。
もちろん、費用0では出来ませんが、一つの選択肢として考えておくとよいでしょう。

オススメのEMS器具→ボニック